Top > 現金化 > クレジットカード換金における換金率の発生理由と業者選び

クレジットカード換金における換金率の発生理由と業者選び

クレジットカードのショッピング枠は、飽くまでも商品やサービスの購入決済のみで使用可能な枠となっています。
そこでこれを換金しようとする場合、仲介事業者を通した上で以下のような手続きを経る事となります。
まず依頼を行った事業者から、特定商品の購入が指定されます。
当該商品は基本的に手元に届く事になりますが、今度はそれを事業者宛に送付する事によって、買取が行われる事となります。
そして買取代金が指定の口座に振り込まれる事によって、現金化が行われるという流れになります。
ところでこの流れの中で、商品は新古品になってしまっています。
その為買取を行う事業者としては、その後に商品をどのように扱うにしろ、元々の商品購入代金より安めに買い取らないと割に合いません。
拠って換金サービスの利用者としては、購入代金と現金として受け取れる額に差が生じる事となります。
購入代金に対してどの程度の現金が受け取れるかは換金率として示される傾向にあり、仲介事業者選びにおいても重要な項目となります。
基本的に業者間のサービス競争もある為に、換金率は似通った数値にはなっています。
但し事業者毎の得手・不得手もあるもので、少額利用で高め・即金でも高めといった傾向の違いが見られます。
従ってクレジットカードのショッピング枠を実際に現金化しようとする場合、希望額や即時対応の必要性の有無をしっかりと検討した上で、可能な限り換金率の高い事業者を選ぶのが望ましいと言えます。

ネオギフトの口コミはこちら

 

現金化

関連エントリー
クレジットカード換金における換金率の発生理由と業者選び
カテゴリー
更新履歴
オールインワンゲル(2018年4月16日)
いくら食べても太らないと言う悩みについて(2018年4月 3日)
私は低血圧なのか朝が全く駄目なんですよ(2018年3月26日)
ちょっと家から遠いけど、良いペットホテル 東京を見つけたよ(2018年1月30日)
SUNTORYのコラーゲンやセラミドのはたらきはどう?(2018年1月15日)