Top > FX > 何を示している図?のように難しい

何を示している図?のように難しい

外国為替取引市場である外国為替証拠金取引について、解説してみます。FX(外国為替証拠金取引)は、貨幣をやり取りすることでその差引額を儲けるといった方式です。こうした二種類の通貨の中で生み出される利益をスワップ金利をいうのです。こうしたスワップ金利とは正式にはスワップポイントというとのことです。このスワップポイント(スワップ金利)は、日ごとに受け取れますがしかし、日ごとの為替相場の変わり方により変わるらしいです。こういうスワップポイント(スワップ金利)を取得することが目当てで外国為替証拠金取引の為替取引を行っている方々も多数います。スワップポイントはFX業者それぞれで異なるのでわずかでも利益が多い取引業者を利用したいと思います。しかしながら、スワップ金利(スワップポイント)は為替の相場が変わることで一緒に動いてしまうので用心してください。また、取引を行うにあたり図を読む力が必須になります。こうしたチャートを読み取る事で為替相場の変化を予測する可能となると言われます。外国の為替初心者の方が見た際、何のチャートですか?などと難しいと感じてしまうでしょうけど要所を抑えておけば図表を理解する事が出来るようになるらしいです。どのタイミングで日本円が上がるだろうとか下がるというようにこのタイミングが一番円安になるだろうとこのグラフを読む事で判定が可能となり、為替の取引を行う時には非常にためになるネタとなるのです。この図は、日本の場合はローソク足が使われるのが普通で名前通りローソク形の図表で書かれているのです。このローソク足(陰陽足)によって、高値か安値さらに終値や始値などを表現していて図表においてはいろんな形になっています。

荒川区主婦@マンションの査定で185万円のヘソクリ!

FX

関連エントリー
何を示している図?のように難しいトレーダーのFXに対する評価を紹介させていただきました